お役立ち情報 中央線           国分寺TOWN情報♪の記事一覧

国分寺の地名の由来は741年に聖武天皇が鎮護国家を記念し建立させた仏教寺院の武蔵国分寺です。その規模において群を抜いた雄大さを誇っていた武蔵国分寺は、長く人々の信仰を集め武蔵国の交通・経済・文教の中心となっていましたが、1333年の分倍河原の戦いにおいて伽藍は焼失してしまいました。現在は国指定文化財として指定され、その礎石が歴史に思いを馳せる縁となっています。
また、国分寺駅前の殿ヶ谷戸庭園の他、都立武蔵国分寺公園、お鷹の道、真姿の池など今も尚、緑豊かな武蔵野の面影を深く残しております。
国分寺は、聖武天皇が建てた国分寺にその地名の由来となった国分寺の街。この街の玄関口となっている国分寺駅は、JR…

借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す

オーナー・法人の方へ