国立TOWN情報

国立市(くにたちし)
多摩川左岸の沖積低地とそれが武蔵野台地を削った河岸段丘の段丘面及び段丘崖からなる。発達した段丘崖としては北東端に国分寺崖線、南部に立川崖線がみられる。
北部をJR中央本線が、中央部やや南寄りをJR南武線甲州街道が、南部を国道20号日野バイパスがそれぞれ東西に通っている。中央線の国立駅から南武線の谷保駅まで真直ぐ大通り(=東京都道146号国立停車場谷保線、通称:大学通り)が通っていて、新旧の中心街を結んでいる。おおむね南武線に沿った河岸段丘の段丘崖の上は住宅地、下は農耕地となっていたが最近では宅地開発の進捗もあり、段丘崖の下でも住宅が増えている。
かつて国立が谷保村であった頃、中心は谷保であり、武蔵野台地の崖線下の豊富な湧水と谷保天満宮の存在が集落を形成させた。特に初期の甲州街道は府中を出ると谷保付近で崖線を下り、多摩川を渡っていた。その後、渡河地点が上流の日野の渡しに固定されることで道筋が台地の上に移り、今日に到っている。その名残が谷保天満宮に見てとれる(現在の甲州街道からは参道を下る形で本殿に至る)。 甲州街道沿いにはのある農家が並んでいる。
崖線の上は大正時代までは甲州街道沿いを除き雑木林であったが、箱根土地株式会社が学園都市構想に基づき大学を誘致、地区開発を行い、1926年に分譲開始。同時に同社によって建設された国立駅鉄道省に譲渡され開業。以後高級住宅地として発展している。 このときに分譲された広い区画のままの住宅が今でも多く存在している。
都市景観形成条例文教地区 市内の学園都市エリアは、東京都文教地区建築条例[2]により文教地区に指定されている。
文教地区とは、都市計画法により地方自治体が都市計画区域内に指定した特別用途地区で、教育施設の周囲や通学路において、教育上好ましくないと目される業種(パチンコ店や風俗店、ホテルなど)の進出を規制する地区である。
1950年代、急激な人口の増加に加え、朝鮮戦争勃発によって隣接する立川の米軍基地が活況を呈し、性風俗産業など米兵相手のいかがわしい商売が増えたこともあり、駅周辺の環境は悪化しつつあった。 街の環境を守ろうと考えた国立の市民、学生たちは、1950年12月に公布されたばかりの「東京都文教地区建築条例」に目をつけ、文教地区指定を求めて運動を始めた。
町がさびれるという反対派の声もあったが、議論の結果、1952年、国立市は東京で初めて「文教地区」の指定を受けた。
現在の、多くの学校を擁する、緑豊かで閑静な町並みは、この文教地区指定によって守られているといえる。 (一時JR中央線の高架化工事が当時の市長の発言により20年以上中断する原因にもなっていた。)[要出典]
住民基本台帳ネットワーク 接続切断 個人情報の保護、ドメスティック・バイオレンス被害者の保護などを理由として、2002年12月26日に、住民基本台帳ネットワークシステムの接続が切断された[3]。 しかしながら、議会からは「住民基本台帳ネットワークシステムへの接続を求める決議の提出を求める決議」が可決される[4]など、この切断に対する意見は分かれている。 現在、国立市民は、住基ネットに接続されている市区町村の住民にとって住民票の写しが必要なくなった各種手続き(パスポートに関する事務など)の一部について、接続切断を理由に住民票を提出する必要がある。その際は国立市から無料で住民票の写しを受けることができる。また、市の業務である電子証明書の発行が不可能であるため、国税のオンライン申告・申請・納税手続(e-Tax)ができなくなっている。 なお、2009年2月16日に、東京都知事から、住基ネットに接続するよう地方自治法に基づく是正の要求が行われた[5]
また、2009年9月29日には、国立市の住民らから、住基ネット切断により、違法な支出がなされているとして、関口博市長に対して、約692万円の補てんと支出の差止めを求める住民監査請求が提出された。[6][7] この住民監査請求の結果が11月27日[8]、請求人に通知され、監査委員2人はともに住基ネット切断による追加的な支出を違法としながらも、支出の差止めの適否については意見が分かれたため、勧告としては出されなかった。 これを受けて、請求人は、同年12月22日に住民訴訟を提起し、約692万円の違法な公金の支出があったとして国立市に対し関口市長個人に賠償を請求することを求めている。[9] 2011年2月4日、東京地裁は住基ネット離脱を違法とし、一部支出の差止と支出の一部を市に返還するよう市長に命ずる判決を下した[1]
電力調達の一般競争入札 福島第一原子力発電所事故をきっかけとして電力入札の検討を開始し、国立市20か所の施設を対象として電力の一般競争入札を実施した。落札事業者のエアネット(国立市発表資料での事業者名はエネット)は2011年11月より1年間の契約期間にて電力供給を行い、150万円(2.5%)の削減効果となった。

株式会社あぱねっと 国分寺店  
東京都国分寺市南町3-14-6
042-300-4545

中央線 国立駅

下り方面が単式ホーム1面1線、上り方面が島式ホームの片面を使用した1面1線を持つ高架駅である。当駅東方から単線の国立支線が分岐している。
改札は南口・北口共に地上にあり、改札内通路でつながっている。コンコースとホームの間にはエスカレーター階段エレベーターが設置されている。
南口は仮設駅舎となっており、旧南口駅舎のあった場所より西側にある。南北をつなぐ仮設通路はさらに西に移動したために、南口からは30m程、北口からは50m程通路を歩く事になる。
三角屋根の旧南口駅舎は、中央線三鷹 - 立川間の連続立体交差事業で取り壊される事となり、2006年10月10日から12月にかけて解体作業が行われた。主要部材は、現在も立体化事業完了時に再建が可能なように国立市で保存されている。
連続立体交差事業前は島式と単式の2面3線で、下りが単式、他に鉄道総合技術研究所用の授受線、通称「総研線」が1線があった。そのうち3番線は主に国立支線方向に向かう列車の待避に使用され、上り方の一部を除いて柵が設けられていた。3番線と総研線を横断する警報器のない構内踏切が北口改札横につながっており、朝ラッシュ時のみ使用された。なお、北側には鉄道総合技術研究所へ通じる線路があったが、2004年に廃止されている。なお、事業完了後は事業前の2面3線に戻り、外側が本線、内側が副本線となるが、総研線は設置されず、その跡地を国立市が緑道として整備する計画である。
2009年1月11日に下り線(1番線)が、2010年11月7日に上り線が高架へ切り替えられた。
2012年現在、仮線の撤去および上り本線の新設工事が行われている。工事完了までの期間、上り列車は中線である2番線を使用するが、同様の工事が行われている武蔵小金井駅とは異なり、上り線立川方にはすでに上り本線と中線の分岐器が設置されているため、上り列車には分岐器による60km/hの速度制限があり、通過列車は低速で通過する。
今までは南北を通り抜ける自由通路がなく、駅構内を通り抜けられる「通行証」というものがあったが、2011年7月21日に駅東側にJRが建設した自由通路が完成したため、通行証は廃止された。


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す

オーナー・法人の方へ