中央線三鷹駅 三鷹市

概要 [編集] 武者小路実篤三木露風山本有三太宰治など多くの作家たちが住んだ街として知られるほか、全国初のゼロ歳児保育施設の開所(1956年)、全国初の公共下水道100%整備(1973年)を実施した都市である。2005年には、「みたか市民プラン21会議」、官民共同プロジェクト「あすのまち三鷹」、三鷹ネットワーク大学での市民、大学・研究機関、企業との協働などが成果をあげ、インテリジェント・コミュニティ世界一に選出された。
また、都市の便利さと緑豊かな自然とが調和する公園都市でもある。市域には豊かな自然が存在し、市内に国立天文台三鷹キャンパス武蔵野市にまたがる場所にで知られる井の頭恩賜公園小金井市調布市とまたがる地域に野川公園がある。
観光名所としては、2001年に開館した三鷹の森ジブリ美術館を筆頭に、山本有三記念館、太宰治文学サロンなどの様々な文化施設が存在する。加えて、三鷹駅南に位置する禅林寺には太宰治及び森鴎外の、市内南西端に位置する龍源寺には近藤勇の墓が存在する。
市域境界線は入り組んでおり、5つの自治体と隣接する。市役所の一部は調布市域に掛かっている。
地理 [編集] 東京都の多摩地域の東端に位置しており、東京23区多摩地域の境界を接している隣接5市の内の一つである。東経139度31-35分、北緯35度39-42分の位置にあり、東西6.4km、南北5.2km。市域はが大きく羽を広げたような形をしている。
北東に位置する井の頭地区には井の頭恩賜公園からなる井の頭池があり、東南方向に流れる神田川井の頭池を源流とする。また、三鷹駅の地下をとおる玉川上水は、武蔵野市との境界を東南方向に流れ、万助橋から井の頭公園を横切り、牟礼地区を流れる。大沢地区の南側には野川が流れ、流れの北側に国分寺崖線という河岸段丘が存在する。上連雀地区・下連雀地区から新川地区を横断する仙川がある。
市北端に中央線が走り、三鷹駅が存在し、駅の南側は市で一番大きな商業地区となる。神田川沿いに走る京王井の頭線井の頭公園駅三鷹台駅は、それぞれ北側を武蔵野市杉並区と接する。また市北西部の井口地区は武蔵境駅、南西部の大沢地区は 西武多摩川線多磨駅が最寄駅である。
大都市圏にある都市としては珍しく、市街地中心部を通過する鉄道路線が無い。
タクシーの営業区域が東京23区・武蔵野・三鷹で構成されている。
鉄道 [編集] 市域はJR中央線京王井の頭線京王線西武多摩川線によって囲まれているが、市域内にある路線、は少ない。以下の3駅も他市区との境界にある。ただし、市域内ではない駅でも十分利用可能な駅は、武蔵境駅吉祥寺駅つつじヶ丘駅仙川駅などいくつかある。また、京葉線が地下路線で三鷹まで延伸される計画(運輸政策審議会答申第18号)がある。なお、中央本線三鷹駅西側には三鷹車両センターの車庫がある。

三鷹駅(みたかえき)は、東京都三鷹市下連雀三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。駅東側は武蔵野市中町一丁目にまたがっている。

三鷹駅

三鷹駅(みたかえき)は、東京都三鷹市下連雀三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。駅東側は武蔵野市中町一丁目にまたがっている。

当駅に乗り入れている路線は中央本線のみであるが、一般列車の運転系統としては、当駅以東(新宿駅方面)で急行線を走る特急列車と中央線快速電車、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車地下鉄東西線直通列車を含む)が停車する。また、成田空港駅方面へ直通する特急「成田エクスプレス」や、一部ではあるが中央本線甲府駅方面へ乗り入れる特急列車も停車する。なお早朝・深夜帯を除き、中央・総武線各駅停車は当駅を運転系統の起点および終点としており、御茶ノ水駅からの中央本線の複々線区間は当駅までとなっている。当駅以西(立川駅方面)の複線区間には特急列車および中央線快速電車のみが乗り入れる。
大月・甲府方面まで運転される普通列車中距離電車)は1993年11月30日までは新宿駅・当駅・立川駅に停車していたが、同年12月1日のダイヤ改正以降、定期列車として当駅に停車し新宿駅まで運転するものはなく、中距離電車は立川駅・八王子駅高尾駅発着となった。ただし、ホリデー快速など臨時快速列車については現在も運行されている。
駅周辺 [編集] 駅の真下には玉川上水が流れており、ほぼこれに沿って三鷹市と武蔵野市の市境が走っている。北側は武蔵野市中町一丁目及び三鷹市上連雀一丁目、南側は三鷹市下連雀三丁目・上連雀二丁目及び武蔵野市御殿山二丁目となる。
南側 [編集]
ペデストリアンデッキに面した南口とアトレヴィ三鷹 ネオシティ三鷹(CORAL) 駅前にはロータリーの2階部分に駅南口から続くペデストリアンデッキが広がり、駅正面には再開発ビル「ネオシティ三鷹(三鷹コラル)」がある。ロータリーに面した位置は銀行3行とパチンコ店2軒が占めている。ロータリーの南側に向かって三鷹中央通りが伸び、この通りを挟んで比較的小規模な商店が広がり、駅前商店街を形成している。なお、2006年3月に三鷹駅南口駅前広場第2期整備事業が完了した。
中央線(快速)
通勤特快通過中央特快(新宿駅始発)新宿駅三鷹駅国分寺駅中央特快・青梅特快中野駅 - 三鷹駅 - 国分寺駅通勤快速(下りのみ)吉祥寺駅三鷹駅 → 国分寺駅快速(下り高尾方面は「各駅停車」扱い)・各駅停車(早朝・夜間のみ)吉祥寺駅 - 三鷹駅 - 武蔵境駅 中央・総武線(各駅停車)・東西線直通
吉祥寺駅 - 三鷹駅 - 武蔵境駅(早朝・夜間のみ、東西線直通列車はこの先に入らない) 

三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館(みたかのもりジブリびじゅつかん)は東京都三鷹市にあるアニメーション美術館。正式名称は三鷹市立アニメーション美術館(「三鷹市立アニメーション美術館条例」(2001年3月 三鷹市)による)。設計者は日本設計宮崎駿本人による断面スケッチを元にデザインされた。
アクセス [編集]
JR東日本中央本線総武線東京メトロ東西線と直通運転)三鷹駅南口より徒歩15分、吉祥寺駅南口より徒歩16分 路線バス全路線みたかシティバスが運行 三鷹の森ジブリ美術館循環ルート 往路(所要時間約6分)三鷹駅南口⇒むらさき橋⇒文化園西⇒万助橋⇒三鷹の森ジブリ美術館 復路(所要時間約12分)三鷹の森ジブリ美術館⇒明星学園入口⇒下連雀⇒連雀通り商店街⇒南浦⇒仲町通り⇒北浦⇒本町通り⇒三鷹駅南口 明星学園ルート 往路(所要時間約6分)三鷹駅南口⇒むらさき橋⇒文化園西⇒万助橋⇒三鷹の森ジブリ美術館 往路(所要時間約5分)明星学園入口⇒万助橋⇒山本有三記念館⇒三鷹駅南口 運賃 大人 200円/小児100円 三鷹の森ジブリ美術館への往復割引乗車券 大人300円/小児150円 三鷹駅南口案内所、バス停前券売機、バス車内にて発売 小田急バス定期券PASMOSuica東京都シルバーパスが利用可

株式会社あぱねっと 国分寺店  
東京都国分寺市南町3-14-6
042-300-4545


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す

オーナー・法人の方へ