中央線高円寺駅

円寺(こうえんじ)は、東京都杉並区にある地名・地区名。地内にある曹洞宗寺院宿鳳山高円寺」に由来する。公称町名としては高円寺北(こうえんじきた)一丁目から四丁目、高円寺南(こうえんじみなみ)一丁目から五丁目が存在する(いずれも住居表示実施済み区域)。高円寺駅東京都道318号環状七号線西側・桃園川北側に位置する。
当地は駅周辺以外は閑静な住宅街である。戸建住居と共に学生向けのアパートワンルームマンションなども多く、独り暮らしの若者に人気がある。
駅近辺は商店街が多く、若者向けの衣料品(古着屋)・雑貨店や安価な献立の飲食店・古書店・小さなライブハウスなどが目立ち、休日になると多くの若者でにぎわう。大規模小売店舗がなく多数の小規模店舗が林立して商店街が発展していることが特徴である。
新しい店の新陳代謝は激しいものの、戦前からの老舗や古くからの名店も多い。1923年大正12年)創業の天名家総本店の漉し餡入りの大きめのみたらし団子「お狩場もち」は三代将軍徳川家光鷹狩の途中に「宿鳳山高円寺」へ立ち寄ったという故事を由来にしている。1960年昭和35年)創業の喫茶店「トリアノン」や、東京の「沖縄料理の老舗」の一つ「抱瓶」、またエスニックブームが到来する以前から存在するインド東南アジア雑貨店「元祖仲屋むげん堂」、東京におけるカフェ文化の先駆けとも言える「Yonchome Cafe」など文化的特徴のある店が存在している。東京メトロ丸ノ内線東高円寺駅近くには、光塩女子学院と高円寺カトリック教会がある。
杉並区の人口統計によると、人口に占める20代・30代の若者の比率が多いとされる杉並区内の中でも高円寺周辺が際立って高くなっており、杉並区内139街区中、高円寺南二丁目が1位、高円寺北三丁目が3位である。
ねじめ正一の「高円寺純情商店街」は当地の雰囲気を綴った小説で、実際に同名の商店街が高円寺駅北口に存在する。ただし商店街がこの名前になったのは同小説刊行後で、それ以前は「高円寺銀座」という名前だった。
地域内の町名 [編集] 高円寺北 [編集] 地域北部。一丁目から四丁目まである。当地域の人口は15,427人(2010年7月1日現在。住民基本台帳による。杉並区調べ)。北部は中野区大和町野方に接する。東部は中野区中野に、南部はJR中央線の線路を境に杉並区高円寺南・阿佐谷南にそれぞれ接し、西部は杉並区阿佐谷北に接する。地域内一丁目と二丁目を分ける形で環七通りが縦貫している。高円寺駅の北側にあたり、駅周辺に商店などが広がる他は住宅地になっている。
高円寺南 [編集] 地域南部。一丁目から五丁目まである。当地域の人口は29,547人(2010年7月1日現在。住民基本台帳による。杉並区調べ)。北部はJR中央線の線路を境に杉並区高円寺北に接する。東部は中野区中央に接し、南部は青梅街道を杉並区境に杉並区和田梅里にそれぞれ接し、西部は杉並区阿佐谷南に接する。地域内一丁目・五丁目と二丁目・四丁目を分ける形で環七通りが縦貫している。高円寺駅の南側にあたり、駅周辺に商店などが広がる他は住宅地になっている。
交通 [編集]

高円寺阿波おどり [編集] 8月下旬(最終の土曜日曜)に、JR高円寺駅前の通りを舞台に、「東京高円寺阿波おどり」が開催される。開催年を経るごとに知名度が上がり、現在では阿波踊りの本場である徳島県からも集団参加が見られるなど、遠方からの参加者も多い。見物客は本場徳島の阿波踊りを超える120万人以上とされる。約1万人が踊り、東京の晩夏の風物詩として定着している[2]

高円寺駅(こうえんじえき)は、東京都杉並区高円寺南四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。
運転系統としては、急行線を走る中央線快速電車、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。ただし中央線快速電車は平日ダイヤ時のみ停車する(「中央線快速#快速停車駅に関する議論」も参照)。また、中野駅から乗り入れる地下鉄東西線も停車する。特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。
高円寺駅北口前(2009年) 鉄道
東日本旅客鉄道(JR東日本) 中央線(高円寺駅) 東京地下鉄(東京メトロ) 丸ノ内線東高円寺駅新高円寺駅

株式会社あぱねっと 国分寺店  
東京都国分寺市南町3-14-6
042-300-4545


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す

オーナー・法人の方へ