中央線 中野駅

中野駅(なかのえき)は、東京都中野区中野五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)・東京地下鉄(東京メトロ)のである。
JR東日本・JR貨物の中央本線(旅客営業を行うJR東日本が第一種鉄道事業者、貨物営業を行うJR貨物が第二種鉄道事業者)と東京メトロの東西線が乗り入れ、接続駅となっている。地下鉄東西線は当駅を起点としており、同線の駅番号として「T 01」が付与されている。
乗り入れているJR東日本の路線は中央本線のみであるが、運転系統としては、急行線を走る中央線快速電車、および緩行線を走る中央線各駅停車の2系統が停車する。このうち各駅停車の一部は地下鉄東西線と相互直通運転を行っている。また、JRの特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。
当駅では利用客の実態に合わせ、中央急行線(中央線快速・早朝深夜の中央線各駅停車)を「中央線」、中央緩行線(日中の中央・総武線各駅停車および東西線直通の中央線各駅停車)を「総武線」として案内している。実例としては、3番線は、東西線からの中央線直通列車(各駅停車三鷹行)が停車するが、実際の駅名標には「総武線 三鷹方面」と表記されている。また、乗り換え案内標にも単に「総武線」と表記される。一方、発車標には「中央線各駅停車」と表記しているものもある。 早朝・深夜に設定されている東京駅始発・終着の各駅停車は1・2番線から発車する。過去に新宿駅南側の甲州街道跨線橋架け替えに伴う配線変更工事で全列車が各駅停車で運転していた時は、発着方面に関係なく下りは1番線、上りは2番線が当駅折り返し、5番線は三鷹方面からの電車となっていた。 快速用の編成のうち3本が各駅停車として当駅で営業運用を終え回送となり(下り1本・上り東京行終了後の2本)、翌朝に当駅始発として出庫する(下り2本・上り1本)。快速用の編成による当駅始発・当駅終着の運用はこの3本ずつのみである。 当駅は中距離列車の停車駅には含まれていないため、原則として特急列車(「スーパーあずさ」「あずさ」かいじ」)は停車しないが、過去に特急が新宿駅の甲州街道跨線橋架け替えに伴う配線変更工事で同駅に入線できない場合などに当駅が臨時で始発・終着駅となることがあった。その際は6番線は使用休止とされ、7・8番線が特急専用ホームとなった。工事が実施される際には中央線は特急以外の全列車を各駅停車(御茶ノ水 - 三鷹間は緩行線使用)とし、御茶ノ水 - 中野間の急行線の使用も休止し、中野 - 三鷹間の急行線は特急専用となり、側面行先表示器にも「中野」の表示コマが用意されている。 駅の南東に隣接して中野電車区があり、終日にわたり出・入庫があるが、国鉄末期に車両の配置はなくなっている。 中央線各駅停車 [編集] 三鷹方面行
中央線(新宿方面)からの電車は1番線より発車。 東西線(高田馬場方面)からの電車は3番線より発車。東西線内の快速も土曜・休日ダイヤを含めて各駅に停車する。駅の案内には「快速」は表示されない。 平日ダイヤは中央線快速電車(6番線発車)も当駅から先は各駅停車になるので、あわせて利用可能。これを「各駅停車○○行」と案内している。なお、土曜・休日ダイヤでは吉祥寺から先が各駅停車となる。 新宿・御茶ノ水方面行
当駅始発の電車:1・2番線より発車。早朝・深夜以外は緩行線(各駅停車)用の銀色黄色帯の電車。 三鷹方面始発の電車:早朝・深夜以外の総武線直通で緩行線(各駅停車)用の銀色黄色帯の電車は5番線より、早朝・深夜の東京行で快速線用の銀色橙帯の列車は2番線より発車。 東西線西船橋方面行 [編集] 3・4番線ホームの駅名標 中野始発の電車は3・4番線より発車。 三鷹始発の直通電車は5番線より発車。 なお、東西線の中野始発電車には、中央線快速と類似した橙色の帯を持つ東葉高速鉄道所有の車両も用いられている。 5番線発着の列車 [編集] 5番線からの西船橋行・津田沼行には、中央線・総武線経由の場合と東西線経由の場合があるなど、同じホームに経路の異なる同じ行先の列車が複数発着していることも多々ある。なお、この例では発車案内に経由する路線名の記載もあり、東西線直通電車は「東西線」、新宿・御茶ノ水方面行総武線直通電車は「総武線」と表示されており、駅自動放送でもそれぞれ「○○線直通」とアナウンスする。東京行各駅停車は無表示。また、中央・総武線は銀色車体・黄色帯の電車、東西線は銀色車体・水色帯の電車(JR車両・東京メトロ車両いずれもほぼ同じ色)である。

 概要 [編集]
中野区市街地を望む 中野区は旧東多摩郡の東半にあたる。東京23区の西部にあり、地形的には武蔵野台地の一角に位置する。区内には、東西に鉄道が数多く通っている。また渋谷区、新宿区、豊島区など大繁華街を有する区とも隣接しており、鉄道以外にもバスも渋谷駅・池袋駅から中野区内を結ぶ路線があるなど利便性も高い。
産業は、江戸期においては、畑作を中心とする近郊農業と、製粉、味噌醤油醸造など食品工業が整備され、江戸町民の旺盛な食料消費を支える立場にあった。明治中期以降、都心からの転居者などにより人口が増加する。特に1923年関東大震災以降は、浅草から寺院の新井薬師周辺への引越しが始まり小京都の様な佇まいである。そして、住宅地化が急速に進み、戦前は東中野1丁目・2丁目界隈は旧帝国軍人の街として地元でも知られていた。昭和40年代までに農地はほとんど姿を消した。明治以降、工業化もある程度進んだが、企業城下町のような工業的発展はなく、密集した住宅地としての性格が強い。住宅と同様に明治以降、都心から移転してきた寺が多く、また、区に隣接する落合斎場との相乗効果もあり、葬祭関連の産業もみられる。その他商業、企業のオフィス街としての発展は、第二次世界大戦以降それなりにあったが、中野区は東京都でも指折りの住宅密集地区であり、道路都市基盤が全般的に脆弱であるため、都心副都心地域や都心隣接の下町地域のような商業地区化には至らなかった。中央線沿線地区を中心に専門学校が数多く存在する。また、昭和30年代以降、多くの漫画家が住んだため、現在も漫画・アニメーション製作は、隣接する杉並区と並んで盛んである。近年、中野坂上地区の再開発により、超高層ビルも立つようになり、コンピュータ・ソフトウェア関連の会社も進出してきている。
人口密度は20,176人/km²(2009年10月1日推計)で日本一(2位は東京都豊島区19,278人/km²。市では埼玉県蕨市13,799人/km²が最高)。
道路率は13.9%で23区中20位(2006年4月1日現在)。狭幅員道路率は84.0%で23区中最下位と、道路都市基盤が脆弱なのが中野区の特徴である。また、公園面積率は2.03%でこれも23区中22位(2006年4月1日現在)。大きな川はなく、公園や緑地が少ない区であり、結果として人口密度が高くなっている。

鉄道路線 [編集]
中心となる駅:中野駅 東日本旅客鉄道(JR東日本) 中央本線中央線快速中央・総武線各駅停車) (新宿区) - 東中野駅 - 中野駅 - (杉並区西武鉄道 新宿線 (新宿区) - 新井薬師前駅 - 沼袋駅 - 野方駅 - 都立家政駅 - 鷺ノ宮駅 - (杉並区) 東京地下鉄 丸ノ内線 (杉並区) - 新中野駅(M-05) - 中野坂上駅(M-06) - (新宿区) (杉並区) - 中野富士見町駅(m-04) - 中野新橋駅(m-05) - 中野坂上駅(M-06) 東西線 中野駅(T-01) - 落合駅(T-02) - (新宿区)(落合駅は登記上新宿区になるが出入口は中野区側にも在る) 都営地下鉄 大江戸線 (新宿区)- 中野坂上駅(E-30) - 東中野駅(E-31) - (新宿区) - 新江古田駅(E-34) - (練馬区

中野サンプラザ

中野サンプラザ(なかのサンプラザ、英称:Nakano Sunplaza)は、東京都中野区にある宿泊音楽などの複合施設で、特にコンサート会場として、またアイドルオタクの「聖地」として有名である。
1973年昭和48年)6月1日開業。旧労働省所管の特殊法人であった 雇用促進事業団によって、雇用保険法に基づく勤労者福祉施設として建設された。正式名称は全国勤労青少年会館であった。かつては、雇用推進事業を柱とする若者の職業相談を担当する「サンプラザ相談センター」が開設され、若者の就業相談を請け負っていたが2003年平成15年)に閉鎖された。その他、図書室などを併設していたが、民営化に伴ない閉鎖された。 若者文化の発信地として、日比谷野外音楽堂日本武道館とも並び人気があったが、公益事業ということもあり営利を求めるものではなかったことと、収益の見込める施設であったため、民間への譲渡が求められるようになった。
そのため、勤労者福祉施設の廃止への流れに伴ない売却が決定され、地元の中野区と金融機関・企業等が出資して設立された所有会社「株式会社まちづくり中野21」に52億9987万円で売却された。同時に設立された「株式会社中野サンプラザ」が2004年(平成16年)12月より運営を開始し、文化複合施設としてホテル・結婚式会場の運営、カルチャーセンターの開催、スポーツ施設の運営などを行っている。コンサート会場・大規模イベントホールとしての利用もされている。

中野ブロードウェイ

中野ブロードウェイ(なかのブロードウェイ、Nakano Broadway、正式総称コープ・ブロードウェイ・センター[1])は、東京都中野区中野五丁目にある複合ビルである。低層階はショッピングセンター、中・高層階は集合住宅となっている。
開業 [編集] 現在中野ブロードウェイのある敷地は元々は木造家屋が密集する地域であったが、駅前から続く商店街(現在の中野サンモール商店街)がそこで行き止まりになってしまっていたため、地元有志の発案により、ここをまとめて買収してビルを立て、一階に裏の早稲田通りに抜ける広い通路を貫通させよう[注釈 1]という計画が持ち上がった。しかし資金難でこの事業は頓挫し、開発業者の東京コープに引き継がれる。[2]なお東京コープ社長の宮田慶三郎は先に東京・表参道に完成した高級マンション「コープオリンピア」(渋谷区神宮前6)も手掛けている[3]
東京コープの半ば自転車操業ともいえる資金難、それに伴う極度の経済効率性重視の設計、地元商店街の反対、買収対象敷地に乃木希典ゆかりの土地が含まれて権利者が反対するなど[4]、さまざまな困難をひとつひとつ乗り越えて、1966年昭和41年)、中野駅北口開発の一環として中野サンモール商店街に続くショッピングコンプレックス(商業住宅複合施設)として中野ブロードウェイは開業した。建設事業費は当時としては破格の60億円と、大変高額であった[3][5]
なお東京コープ販売KKは、1960年(昭和35年)に渋谷区桜丘町に完成した高級マンションの渋谷コープ、1963年(昭和38年)に新宿区大京町に完成したデラックス・マンションであるエンパイア・コープ、そして1965年(昭和40年)には一括払いにも関わらず完売した原宿駅前のコープ・オリンピアを相次いで成功させており、続くデラックス・マンションとして大規模な商業施設を備えた当ビルを1966年に完成させるが、東京オリンピック後の不景気が災いして完売まで時間を要し、そのためその後のコープ計画を断念している[6]
「サブカルチャーの聖地」 [編集] いまでこそ中野ブロードウェイを表すフレーズとしてこの言い回しが世間でよく言われるが、元々はブロードウェイとサブカルチャー・オタク文化とはなんの関係もない。両者が結実したのは、以下のとおり、タイミングのなせる妙である。
中野ブロードウェイの建っている場所は、建設前は家屋が大半でその中に小さな商店が点在している、比較的落ち着いた場所だった。そして建設の目的は、ブロードウェイ(Broadway=「広い道」の意)のネーミングからも分かるように、中野駅前から続く当時の美観商店街(現サンモール)を昭和通り(現早稲田通り)まで延長することで、(既存の業種を量的に拡大するという意味での)一大商圏を作ることであった[注釈 2][注釈 3]
ところが、1980年代中頃から1990年代にかけて、区分所有者兼経営者の高齢化、新宿、池袋、吉祥寺をはじめとする近隣商圏の著しい発達、中野へのチェーン店の台頭といった環境的要因や、少子高齢化といった人的要因で、相対的にブロードウェーが集客力を失った結果、たち行かなくなった店を閉める経営者が増えた。しかし、店を続ける高齢の商店主たちも効果的な対策を打ち出せず、集客力が弱いところに新規に出店しようというテナントも当然のごとく現れず、なお一層集客力が落ちるという状況が続き、中野ブロードウェイは完全な負のスパイラルに陥っていた。一時は、平日なのにシャッターが目立ち、夕方のかき入れ時なのに人が歩いていないという、全館的ににっちもさっちも行かない状態となった。
そんな状況、タイミングを逆に商機ととらえ、空き店舗に積極出店し、開館当時の商店街ライクな雰囲気をサブカルチャーの殿堂と評される雰囲気に塗り替え、より高い発展を遂げることに成功したのが「まんだらけ」である。
元々、中野ブロードウェイのあるJR中央線沿線は、中央線文化の名前があるとおり、アニメ制作会社や大学、学校、若者といったマニア向け商品の顧客層が多い土地柄であった[注釈 4]
1980年、このビルでわずか2坪のスペースを借りて古漫画専門店「まんだらけ」が開業する[注釈 5]。漫画古書専門ということで、当時としては珍しい業態だったまんだらけは、商材を古漫画一本から漫画周辺商材(原作者のサインや漫画のグッズ)、アニメなど漫画と親和性のある商材(セル画など)、ひいてはサブカルチャー全般(昔のホーロー看板やレトロなミニカー、景品類、ドール等)にまで拡大したことで売り上げを伸ばし、1987年には株式会社化、徐々に店舗を拡大していった[注釈 6]。その後1990年代から始まった不況下において、先述の理由から空き店舗が増えると、まんだらけに集まる客を狙ったマニア向け専門店が次々に開業、そのうちに「サブカルチャーの聖地」と呼ばれるほどになっていた。2012年現在では国内のみならず国外からも客を集めて賑わっている。
この変化により客層やフロア内の雰囲気も一変したため、治安の悪化、トラブルの発生を危惧する声もたしかにあったが、世のオタク・サブカルブームに乗ったことで、それ狙いの中野外の人間の呼び込みのみならず、一時は離れたはずの地元民をも再度呼び込むことに成功し、新たなテナントも続々入居したことで中野ブロードウェイ全体の商業活性化に繋がったとの意見もある。
現在では、開業時の業態を引き継ぐ商店街ライクな店舗とサブカルを取り扱う店舗とが、全館的にはどちらに偏るともなく混在、共生している[注釈 7]
構造 [編集] 建物は地下3階、地上10階建て。全長140メートル、幅45メートル、高さ31メートル。この本館ほか、別館と称するタワー式駐車場がある。駐車場は本館1階早稲田通り側正面玄関脇からスロープを使って入る。本館と別館は、地下1階であたかも一体のようにつながっている。駐車の受付や転車台・車用エレベータは別館になるが、地下のため、通常は別の建物に入ったと気づかない。[2][注釈 8][注釈 9]
地下1階から地上4階までは商業施設、5階以上は住宅施設になっている。延べ床面積は約5万6千平方メートル、商業施設面積は約2万7千平方メートル[7]
住宅施設 [編集] 屋上には庭園、屋外プール、ゴルフ練習場があり[8]、住民専用エレベーター[9]、守衛の常駐施設などを備えた高級マンション[3]である[10]。5階には、入居者が使える会議室や、入居者を通じて利用申込みができるゲスト用宿泊施設がある。住居総数はおよそ220戸。1960年代後半より1970年代にかけて、タレントで政治家の青島幸男[3]、歌手の沢田研二[3]渡辺浩弐平山喜堂など数多くの有名人が自宅を構えた。青島幸男が東京都知事に当選した時の記者会見場は、上述の5階会議室であった。また、建設後まもなく、分譲価格を高くしたことで入居者が予想より減り、管理費で設備を回しきれず、給湯時間を制限するなどの支障が出るという噂が出た。この件について、当時の入居者の沢田研二がコンサートで「早く帰らないとシャワーのお湯が出ないんだよな」と語ったというエピソードもある。
開業当時は中野駅周辺で最も高いマンションであったことから注目を集めた。築40年以上経った現在でも、中野駅まで徒歩5分という利便性の高さから入居需要は高い。 売買価格は、古いこともあり、高級マンションとしては意外に安価だが、維持費は逆にかかるので管理費は高い。
商業施設 [編集] 商業施設の正式名称は「中野ブロードウェイセンター」である。
開業当初は、1、3階がファッション、地階が生鮮食料品、2階が飲食店という区分けがあったが、店舗区画は全て分譲されてそのテナントの決定権は個々の家主にあるため、構成は次第に無秩序となった[3]。現在の店舗構成はおおよそ次のようになっている(詳細は公式サイトを参照)。
地下1階は食品(ブロードウェイ部)とファッション(プチパリ部)が中心。生鮮食品店、惣菜店、乾物店、スーパーマーケットの西友(西友中野店:一般的な西友に比べ店舗面積は狭く24時間営業を行っていない)のほか、8段ソフトクリームで有名なスイーツ店やドラッグストア、めがね屋、化粧品店、女性向け服飾・アクセサリー店が入店している。 地上1階は生活日用品を扱う店が多い。カバン屋、服屋(紳士・婦人)、靴屋、帽子屋、スポーツショップ、パソコンショップ、薬局、写真店、お茶屋、貴金属店、ゲームセンター等が入る。一部で、カードショップやレンタルショーケースショップなど、2階以上に多いテナントも入居している。 地上2階から4階は、サブカルチャーを中心として音楽漫画アニメおもちゃレンタルショーケースといったマニアオタク向けの店舗が多い。 混沌とした雰囲気から「オタクビル」「魔の巣窟」「日本の九龍城」などの異名を持つ。近年「オタクの聖地」としてマスメディアが取り上げる秋葉原とは一味違った独自の文化を形成している(アニメ商材の多い秋葉原に比べ、古本・プレミア玩具などレトロ商品の販売店舗が多いのが特色といえる)。 入居店の一例として、漫画古本などのマニア・おたく向け商品店の「まんだらけ」、高級オーディオ・ビジュアル機器専門店の「フジヤエービック」、大型書店の「明屋書店」、自費出版専門店の「タコシェ」などが入店している。 地上4階は、地上3階以下に店舗を持つ会社の事務所や倉庫(いわゆるバックオフィス)がメインだが、まんだらけの店舗やゲームセンター、映像機器販売店、喫茶店、不動産屋、印刷所、法律事務所も入居している[注釈 10]。 マニア向け専門店のほかに、輸入雑貨店、美容院、ネイルサロン、飲食店、洋服店、寝具店、ゲームセンターなども入店している。女性客の利用も多く、老若男女、世代性別を問わず、多くの買い物客で賑わう。
館内パンフレットは4ヶ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で紹介され、手洗い、エレベーター、誘導路などの主要館内表示は外国語対応になっている。
手洗いは、各階に2ヶ所設置されている。
特徴 [編集] こういった商業施設の店舗スペースは通常は大家が所有し一括して管理することが多いが、本ビルにおいては店舗スペースを分譲するという方法が取られた[11]。このため店舗スペースは個々のオーナーによって自由に売却・賃貸され、また賃料を下げて貸しやすくするために細分化されていった[注釈 11]。こういった特徴から、まとまった店舗スペースを確保することが難しくなっている[注釈 12]。また、狭いスペースの物件が多く築年数も40年以上経っているため、中野駅前という好立地にありながら賃料が安い。このためアイデアはあるが資金に乏しい起業家でも出店しやすく、個性的な店舗が増える要因となっている。施設内の店舗スペースは300件以上あるが、現在も入居希望者は多い。
急速なオタク・サブカルチャー関係店舗の増加に伴い訪れる客層も大きく変化してきている。また完成後40年を経て、老朽化に伴う改装、耐震工事の必要性の声も挙がってきている。

株式会社あぱねっと 国分寺店  
東京都国分寺市南町3-14-6
042-300-4545


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す

オーナー・法人の方へ